アクセラスポーツ -AXELA SPORT-


アクセラは世界各国で売られているマツダ車の中で、最も売れている車です。

世界中のマツダ車販売台数の内、1/3がアクセラに当たります。その理由はアクセラが属するCセグメントと呼ばれる車格が世界の中で最も売れているセグメントということがあります。

わたしは、このアクセラこそが最もマツダらしく、もっともマツダが力を込めて開発したうちの1台だと言っても過言ではないと考えています。そもそも、マツダが”スカイアクティブ”という低燃費かつ運転が楽しめる車作りというコンセプトを打ち出していますが、デミオから始まり先代アクセラ、CX-5、プレマシー、ビアンテ、そしてアテンザへとその技術を進化させてきました。

これらの車種の中でもフルスカイアクティブ(エンジン・ミッション・シャシー・ボディー全てがスカイアクティブ)として発売されたのは、CX-5、アテンザの2車種です。そしてフルスカイアクティブの第3弾として登場したのが、今回のアクセラです。

5年前といえば、ハイブリッド車や電気自動車というキーワードが流行であり、エコカー=ハイブリッドというイメージが世の中に浸透し始めていた時代と言えるかもしれません。そのような時に、当時としては唯一と言ってもいいかもしれませんが、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンのポテンシャル高めることで燃費と走りを両立すると言う目標を追い求めていた国内メーカーがマツダなのだと思います。

最近になってトヨタさんやホンダさんも内燃機関の熱効率を重視したエンジン開発に取り組んでいますが、それもマツダが3年前に出したデミオ・スカイアクティブから大きな影響を受けたとトヨタの役員の方も語られているようです。

語り始めるときりがない新型アクセラですが、1つだけ確かなことは、新型アクセラもそうですがこれから世に出るマツダ車は、いろんな意味でワクワクさせてくれる、マツダはそんなワクワクさせる車作りをしているとディーラー業を営む私は痛烈に感じています。

マツダのモノ造り=見る人・乗る人をワクワクさせる

”走る・曲がる・止まるという基本的性能を高める、そして斬新なデザインを身にまとう”

これこそマツダ車なのだと私は考えていますし、メーカーもそのように謳っています。

以下に、昨年10月に発売開始した新型アクセラの写真を掲載します。

 

wpid-wp-1402285492820.jpgwpid-wp-1402285832881.jpg

写真左:アクセラスポーツ(ハッチバック)15Sディスチャージ&セーフティーパッケージ装着車(ボデー色:ソウルレッドプレミアム)

アクセラ一番の特徴はやはりこの外観です。”鼓動”をテーマに、チーターが獲物を狙うような動物の動きをモチーフにしたデザインになっています。

 

wpid-wp-1402285759695.jpg wpid-wp-1402285785931.jpg

 

写真左:ヘッドライトは動物の鋭い眼光をイメージしたディスチャージランプです。(ディスチャージ仕様車)

写真右:メッキで囲まれたグリルの中は艶のあるピアノブラックでまとめられ、スポーティさの中に高級感を演出しています。

 

wpid-wp-1402285570120.jpg wpid-wp-1402285659184.jpg

写真左:15Cを除くグレードには全てセンターディスプレイが標準装備で、ナビ用SDカードを購入すればナビゲーションが利用できます。セーフティーパッケージには、ハンドルの右側に一定速度で走れるように速度設定をするボタンが装着されています。

写真右:オートマチック車でも、マニュアル車のような見た目でスポーティー&高級感を演出しています。シフトの下側に映っているのが、ナビや画面・音量等を操作するボタン(通称:マツダコネクト)です。

wpid-wp-1402285702865.jpg wpid-wp-1402285727258.jpg

写真左:運転席と助手席です。立体感を出すために両肩の部分を削ぎ落としてそこから張り出す形にしています。また削ぎ落とすことにより、後部座席からの視界を良好にするという効果も生んでいますが、これも乗車している全ての人を幸せにするというマツダの哲学に則っています。そして低反発素材を組み込んだ体を包み込むようなシートで、座面だけでなく腰にも負担がこないように体重を分散させる構造で長時間運転でも疲れにくいシートになっています。

写真右:後部座席です。先代アクセラに比べ、足元スペースを広めに確保してます。シートの造りやドアの内張りの造りにこだわっています。また、静粛性も高い次元で確立していますので、1クラス上の乗り心地が楽しめる車です。

 

wpid-wp-1402285682424.jpg wpid-wp-1402285955847.jpg

写真左:左右独立温度調整も可能なエアコンです。デザインもCX-5・アテンザ同様のスタイリッシュな造りです。

写真右:ドアミラーウインカー付です。外観デザインを損なわないようコンパクトに配置されています。細かい部分ですが、さすがデザインへのこだわりです。

これらの写真以外にも見所がありすぎるアクセラですが、実物を見ていただくことが何よりです。ご覧になりたい、試乗したいという方は、こちらまで

⇒0957-22-2284(平日:9:00~19:00 日祝:9:00~18:00 水曜のみ定休日)

 


[更新日時] 2014年6月9日




※推奨ブラウザ:Safari(M), GoogleChrome(W), InternetExplorer(W) 詳しくは推奨ブラウザのページをご確認ください