カーオーナー様の日常点検について


こんにちは。マツダオートザム諫早の山中です。

当店HPに遊びにきていただきありがとうございます。

現在製作中ではありますが、できる限り車に関する投稿をしていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

この投稿の中では日々私がカーディーラーに従事する中で感じることなどを、自分なりの目線で述べていきたいと思います。

まずもって私の略歴ですが、地元である諫早市で高校卒業後に他県の4年大学に進学し卒業しました。

その後実家の家業であるこのお店で自動車整備士を2年程しまして、その後自分自身の修行のため、全く別の営業職に就きました。

そして会社を離れて4年後に戻ってきまして、それから約6年が経ちます。

現在は元気な息子3人とはっきりとものを言う嫁さんの5人家族で日々楽しく過ごさせてもらっています。

さて、私のつたない紹介はこれくらいにしまして、話を戻したいと思います。

ここ数年随分とガソリンスタンドさんがセルフ式に移行していることも影響してなのか、長くエンジンオイルを交換されていなかったり、タイヤの空気圧不足など、メンテナンスがされていない車が増えてきたように感じます。

この現象は車の仕事に従事する者としては、少し気になるところです。

車に少しでも詳しい方はご存知だと思いますが、車を動かすのに心臓となるのがエンジンです。

また車を構成する部品の中でほぼ一番高額な部品もエンジンです。

このエンジンをはじめとして、車を良い状態に保つことは、カーオーナー様にとっていろんなメリットがあると私は考えています。

それではそのメリットの一例を挙げたいと思います。

 

【メリットその1 燃費が良くなるので経済的】

①エンジンを良い状態に保つ エンジンにとってエンジンオイルとは人間にとって血液のようなものです。

オイルをまめに交換するということは、エンジンにとってきれいな血液を保ち健康でいられます。

まるで人間の体みたいですね。 同じように考えていただくと想像つくかと思いますが、健康なエンジンはその性能を遺憾なく発揮できます。 当然燃費にも影響します。

一方で、オイルを長期交換しないでいるとエンジンはその性能の多くを発揮できずにいるということです。

エンジンオイルは時間・走行距離によって劣化していきます。 人間で言うと体内の血液がさらさらの健康状態からドロドロになっていくようなものです。(オイルにも粘度の種類がありますが・・・)このドロドロになったオイルでそのまま車に乗り続けると、エンジン内部のオイルの通り道(人間で言う血管のようなもの)が最悪の場合詰まってしまい、エンジンが焼きついてしまうのです。

このようになってしまっては、エンジン内部のオーバーホールもしくはエンジン本体を交換という事態に陥ってしまいます。

エンジン交換となると軽自動車でも10万円以上、普通車では30万円以上の修理見積もりは当たり前となります。

最悪のことを想定して、まずはエンジンオイルの交換をまめにしましょうということですね。

基本的には5,000kmもしくは半年毎にエンジンオイル交換をして、 10,000kmもしくは1年毎にオイルフィルターも同時交換するとエンジンはより良い状態を長く保てるはずです。

さらにエンジン内部を綺麗にできる洗浄剤なども数万kmに1度行うと尚良いでしょう。(使用の際は工場の詳しい方にお聞きください)

また、エンジン内部に火花を散らすプラグやその他様々な消耗品も定期的に点検しましょう。

②タイヤの空気圧はまめに点検しましょう

タイヤの空気圧が重要なことはみなさんは百も承知だと思います。

車が道路に接する部分なのですから、空気圧が減っていると当然燃費は悪くなるし、パンクなんかしたらそれこそ車が進まなくなってしまいますね。

タイヤの状態を1ヶ月に1度は点検して、空気圧を適正に保ちましょう。

タイヤの空気圧で2~4%は燃費が変わるというのですからこの点は大事ですね。

今回はエンジンオイルとタイヤの空気圧のことで話は終わりますが、その他にも様々な燃費向上術がありますので、機会があれば、また投稿したいと思います。

メリット1を書いただけでも結構な行数になってしまいました。長々とした文章を最後まで読んでいただきありがとうございます。

次回投稿では、メリット2に続けていきたいと思いますので、今後ともご愛読の程よろしくお願いいたします。


[更新日時] 2014年5月25日 ★ category : おしらせ ★ author : yamanaka (6)




※推奨ブラウザ:Safari(M), GoogleChrome(W), InternetExplorer(W) 詳しくは推奨ブラウザのページをご確認ください