CX-5納車(^^)


本日、CX-5を納車させていただきました。

今回初めて当店をご利用いただいたお客様ですが、CX-5(ディーゼル)に試乗して長く急な坂道での力強い走りにご納得されて、ご購入していただきました。

本当にありがとうございました。

 

P1050753

写真:当店のCX-5試乗車です(ディーゼルターボ パールホワイト)

 

さて、CX-5がこの世に誕生してから早くも2年が経ちました。

この間たくさんのお客様にご愛顧いただき、本当に感謝の言葉に尽きます。

思い返すと私がCX-5を初めて見て乗ったときのワクワク感は今でも覚えていますが、そのワクワク間は今でも感じることが出来ます。

こんなに力強く走ってついでに燃費がよく、室内も広くて、カッコ良い車って他にありますか?と発売当初私は独断と偏見で熱弁していました。(笑)

しかし、初めはマツダディーラーとしての偏見交じりだと思う部分が確かにありましたが、発売から半年過ぎたころにはCX-5の実力は確信へと変わっていました。

その理由としてはCX-5という車の実力をオーナーになられたお客様から本当に高く評価していただいたからです。

以下はカーオーナー様のCX-5を購入されてしばらくご使用されてからのご感想です。

『以前乗っていた車は正直、ただの足車でしたが、CX-5に乗り始めてから運転が楽しくなりました。時々わざわざ遠回りして家に帰ったりするんです。』

『燃費が良くてさらに軽油は安い。ハイブリッド車並の燃料費で、乗り心地も良いし高速道路も余裕の走りで確かに良い車です』

など、本当にたくさんのお褒めの言葉をいただきました。

 

P1050756

写真:当店試乗車 横からのアングルでは鼓動デザインが映えます(動物が走っているかのようなフォルムです)

 

CX-5の一番の魅力は、①エンジン(走り)②乗り心地③室内の広さだと私は思います。運転者によって、車に対する優先順位は変わると思いますが、このディーゼルエンジンだけは他メーカーでは真似が出来ないと本気で思っています。

そして、このディーゼルエンジンという名の強靭な心臓の鼓動は、やはり見て乗ってみないと感じることが出来ません。

確かに、ディーゼルのトルクの数値や馬力などを見ますと、通常のガソリンエンジンに比べて高い数字です。

しかし、頭で考えて想像することと、乗って体感することの意味は全く違います。

例えば、CX-5の2200CCディーゼルエンジンのトルクはガソリン車で言う4000CC・V6エンジンに匹敵しますと説明したところで、

一般のカーオーナーの方が本当にその凄さに心底納得できるかというとそんなことはありません。

逆に、まずは車に乗って坂道を力強く走るそのトルクを肌で感じていただいてから、車のスペックなどについて説明させていただくと、確かに圧倒的に力強いですねと大抵の方はご納得されます。

また、CX-5のすばらしさは単純な力強さだけにあらずです。乗り心地も考えつつ、走りを犠牲にしないよい感じの足回りや、

視界の広さ、万一の事故に備えたボディー剛性など、あらゆる面においてマツダのエンジニアの血と汗が染み込んだレベルの高い車だと思います。

 

P1050749

写真:CX-5の広いラゲッジルーム。ゴルフバック4個載せても大丈夫です。

P1050750

写真:スポーティーなストレートストロークの6速オートマチックです。アクティブマチックへの切り替えも出来ます。

 

P1050751

写真:本皮巻ハンドルです。クルーズコンロールと夜道を明るく照らすディスチャージヘッドライト装着車です。

 

P1050752

写真:運転席と助手席も包み込まれるようなシートで、長時間の運転も疲れにくくなっています。

 

最後になりますが、興味のある方はぜひ一度CX-5特にディーゼル車に乗ってみてください。価格以上の価値と魅力がこの車には必ずあると私は信じています。

CX-5は心からそう思える良い車だと私は自信を持ってお勧めいたします。

 

 

 

 

 

 


[更新日時] 2014年6月1日 ★ category : おしらせ ★ author : yamanaka (6)




※推奨ブラウザ:Safari(M), GoogleChrome(W), InternetExplorer(W) 詳しくは推奨ブラウザのページをご確認ください